Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから言ってんじゃん!!世界はひろいんだって。

世界は近くなったようで広いとアブダビで感じた通り

やっぱり広かった!

ギリシャ語とイタリア語とスペイン語とポルトガル語、英語に日本語少々話せるというスーパーマン(アメリカ人)に会ったよ。

どんだけしゃべれるんだよw

てか、どんな脳みそしてんだよw

写真 (1)

脳みそ取り替えて欲しいな…と思った2010年12月31日のロンドンから。

2010年も「小林紀美とあそぶ」に遊びに来てくれてありがとうございました。

地球のどこにいてもここで会える嬉しさを大切にしていきたいです。

また2011年も一緒にあそびまひょ。

素敵な年越しを。

てってれー
スポンサーサイト

日本からのクリスマスカードはまだ届きませんw

写真 (1)

NYと違いロンドンはヨーロッパ気質なのか、アメリカの田舎街ようにwとにかくゆっくりと休んでいた店が多かった。

クリスマスはもちろんどこのお店もお休みちゃん。

翌日のボクシングデーからなんだかんだと休んで29日からなんとなくオープンしはじめます。

もちろん郵便局もみんなと一緒で仲良く休むわけですねw

24日までに配達される手紙には写真のように雪だるまのスタンプが押してありますcute

日本の親友から「カード送ったんだけど…」と、いつまでたっても届かないのに心配してフライング告知をいただいておりますがw

ちらっと前を通ったらポストオフィスが開いたのでなんとなく明日か明後日には届くと思います。

どんだけ長くかかってんだかwww

でも、遅れて届くカードを待つのもなんだか楽しみで心が温まります

さてと、そろそろ2010年を振り返ってみようかしらねぇぶー

kikiの植木鉢 その5

129365516305926.jpg

うふ。

成長しました。

なんだか三日月みたいな樹

今夜のロンドン曇りだけど晴れてたら時期的にこんなお月様だろうね

街とも呼べない集落だった時代

IMG_8072(1).jpg

アブダビは平和な街だった。

イスラム圏内のルールは場所によってあるにしろ、とにかく治安がいい。

ランニングしている白人や海沿いでスケボーを楽しむ若者。

IMG_8218(1).jpg

ここの交通手段は前のブログでも書いたようにタクシーだ。

バスの時刻表は1時間に数本で使いづらい上、炎天下の中、時刻通りに来ないバスを待つほど忍耐強くもない。

しかもタクシーの初乗り運賃は3Dh(ディルハム)およそ70円!!

ちなみにバスの初乗りも同じ3ディルハムだったw

IMG_8377(1).jpg

アジア人女子一人がタクシーに乗って移動するのが興味深いのか

運転手は色々なことを質問し、必ず話しかけてきた。

毎回同じ質問と、同じ会話で少々うんざりする時もあったけど

パキスタンやインドやネパール、カタール、バングラディッシュ人など普段接することのない人種との会話を楽しんだ。

その人たちのほとんどが家族を故郷に置いてこの街に出稼ぎに来ている。

IMG_8239(1).jpg

「オリジナルは20%しか住んでおらず数年前のアブダビは小さな町で、今はびっくりするくらい変わってしまった」

「道に並んだ多くの木々は人が持ってきて植えた緑だよ」

「ドバイには緑はないし、道は渋滞、数年前ドバイにも住んでいたけど今は仕事もない」など、ガイドさながらに話してくれた。

私を気に入ってくれたドライバーは「いつでもあなたのいる場所に迎えに行きます」と電話番号をくれたりもした。

IMG_8209(1).jpg IMG_8228(1).jpg

高級ホテルと高層ビルが立ち並び、未だに工事している場所も多い。

エメラルドグリーンの海は埋め立てられ工事中のシーサイドも数年後はドバイのように生まれ変わったアラビア湾になるのであろう。

砂漠の中でモダンオアシス化してるアブダビ。

石油と金が国を豊かにし、その石油が戦争にも関係していると考えなくもなかったがアラビア半島の国々をもっと知りたくなった。

人々と接すると「世界は近くなったようでひろい」と感じる。

知らないことが多い自分を振り返り「知って見て感じて学ぶ」ということは素晴らしい喜びになると改めて感じた、そんな旅だった。

うっすらと小麦色に焼けた肌を見てあの太陽を思い出しながら。

IMG_8572(1).jpg

~アブダビ旅行記~おわり。

Heritage Village へ Go !!

IMG_8370(1).jpg

イエイイエイイエイ

張り切ってポージングしたら後ろのアラブ人笑ってるw

IMG_8356(1).jpg

カルチャー好きのコバキミ的に外せないのがこのヘリテージビレッジ(伝統村)

ベドウィン(アラブの遊牧民族)の生活テントや昔の陶器など展示されててアブダビの歴史に触れることができます。

写真 (3) (1)

もちろんお土産やさんもあって、昔風で茅葺屋根が軒を連ねた雰囲気あるショップだった

IMG_8333(1).jpg IMG_8335(1).jpg
IMG_8336(1).jpgIMG_8331(1).jpg

刺繍のシューズやアラビックコーヒーのポットや陶器に金のらくだw

かわいい

写真 (1) (1)

行ったのが午前中だったこともあってミュージアムがまだ開いてなかったの。

入り口でおしゃべりしてたお兄さんたちとのショット。

左の人は何度撮っても同じポーズに同じ顔!背筋をしゃんと伸ばして手はひざの上。

まじめ君なのね

Appendix

clock

kiki's walking

kiki's fish

kiki's plant

ブログ内検索

Extra

プロフィール

こばきみ

Author:こばきみ
NYからTokyoに帰ってきたと思ったらLondonでの生活がスタート!
コバキミがポテンヒットを打った先はLondon.
nice to meet London♪
東京、ロンドン、NYの三大都市を見比べちゃうぞ。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。