Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C8308]

画像が良い!
死海の雰囲気が手に取るように判ります。泥パックが鏡で確認できるとは憎いですね。
アラブの激しい地域で穴の開いたような楽園なんですね。淳
  • 2012-10-17
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C8315] こんばんは。

パキスタンで頭を銃撃されたマララ・ユスフザイちゃん。歩けるまでに回復。命が助かって本当に良かったです。
  • 2012-10-20
  • 投稿者 : 西宮のかずひと
  • URL
  • 編集

[C8317] 色

海の青、そして紀美さんの真っ黒と言う色に衝撃を受けました(笑
本当に全身にドロぬるんですね~
つるつるになる成分、やっぱり塩分由来のものなのでしょうかね?

先日、スーパー銭湯にいったら、死海の湯ってのがありまして、やっぱり身体を浮かせるの難しかったです。
で、ちょい恥ずかしかったです。
本物も浮くのが難しいと聞いてちょっとホッとしました(苦笑
  • 2012-10-21
  • 投稿者 : kawakero
  • URL
  • 編集

[C8318]


穴の開いた楽園!
なんとも素敵な言葉。
確かに私が訪れたときは楽園でした。
ただ、実際はどうなのか・・・
本当の楽園になって欲しいです。
  • 2012-10-22
  • 投稿者 : kimi
  • URL
  • 編集

[C8319]

西宮のかずひと
よかったねー。
  • 2012-10-22
  • 投稿者 : kimi
  • URL
  • 編集

[C8320]

kawakero
あらら、インパクトのある衝撃受けて大丈夫だった?笑
そうですよー、全身に塗ります。うひひ

というよりも、死海の湯に入りたい!
なにそれ!!
  • 2012-10-22
  • 投稿者 : kimi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kikimmy.blog94.fc2.com/tb.php/2185-071ad673
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ヨルダンのたび ・死海

P1020140(1).jpg

Dead Sea...

その名のとおり塩分濃度が非常に高く生物が住めない湖「死海」。

ここへ来てわたしは思った。

4泊5日のヨルダンの旅で4泊丸ごと滞在したかった場所は他でもない「死海」だ。

それほどまでに虜になった場所だった。

photo (5) (1)

死海沿岸にはいくつかのリゾートホテルがある。

わたしたちが泊まったのは

Kempinski Hotel Ishtar Dead Sea(ケンピンスキー・ホテル・イシュタール・デッド・シー)

宿泊客だけが利用できるプライベートビーチがあるのも魅力のひとつ。

コテージ(客室)を出るとすぐにプールもある。

かなりの数のプールがあったが、わたしはそこを利用することはなかった。

P1020210(1).jpg

もちろん死海は日帰りもできる。

その場合、多くは公共ビーチのアンマンビーチを利用するだろう。

だが死海を訪れるときは是非宿泊してほしい。

携帯はコテージに置いてきた。

時間から解き放たれ、永遠にいつまでもぷかぷかと浮くことができる未知の体験へ。

そして天然死海泥パック。

photo (4)

どろどろ妖怪のまま死海へ入り、乾いた泥はじっくり死海に溶かしてもらう。

死海が汚れる事はない。

なぜならその泥は死海から来たのだから。

ゆっくりと泥が落ちたら、つるつる妖怪の誕生だ。

この瞬間、「あーーー帰りたくない」と思うのだ。

photo (2)

photo (2)

顔は必ずシャワーで落とそう。

お湯が出るので冷たくない。

死海の水はしょっぱいを通り越してとても苦かった。

唇にはねた水ですらそう感じたのだから相当なものだ。

photo (6)

このように両側に鏡が設置され、塗りこぼれのないよう確認できる。

その中央の金髪女性の奥に泥のつぼが置いてある。

ガニ股になり内股に泥を塗る姿はなんともマヌケだが

存分に死海の恵みを堪能し、ぜいたくできる。

photo (4)

死海は想像以上に綺麗だった。

浅瀬は短く、いきなり深くなる。

浮くのには少々コツがいるが、死海で読書ができるポーズまでそう時間はかからない。

あの海の向こうに見える山々はイスラエルとパレスチナ自治区だ。

国境線は死海を縦断する。

パレスチナ問題と他国の関係、そしていまだ終結してないシリアの反政府運動。

湾岸諸国のひとつであるヨルダンで、こうして平和な時を過ごせている。

わたしはただただ、この土地で感じた事を伝えたい。

photo (3)

翌朝も死海に入った。

大いに後ろ髪を引かれながらパッキングをする。

旅先で気に入ったドライバー、イスマエルがホテルに迎えに来る時間だ。

首都Amman(アンマン)へ車を走らせた。
スポンサーサイト

6件のコメント

[C8308]

画像が良い!
死海の雰囲気が手に取るように判ります。泥パックが鏡で確認できるとは憎いですね。
アラブの激しい地域で穴の開いたような楽園なんですね。淳
  • 2012-10-17
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C8315] こんばんは。

パキスタンで頭を銃撃されたマララ・ユスフザイちゃん。歩けるまでに回復。命が助かって本当に良かったです。
  • 2012-10-20
  • 投稿者 : 西宮のかずひと
  • URL
  • 編集

[C8317] 色

海の青、そして紀美さんの真っ黒と言う色に衝撃を受けました(笑
本当に全身にドロぬるんですね~
つるつるになる成分、やっぱり塩分由来のものなのでしょうかね?

先日、スーパー銭湯にいったら、死海の湯ってのがありまして、やっぱり身体を浮かせるの難しかったです。
で、ちょい恥ずかしかったです。
本物も浮くのが難しいと聞いてちょっとホッとしました(苦笑
  • 2012-10-21
  • 投稿者 : kawakero
  • URL
  • 編集

[C8318]


穴の開いた楽園!
なんとも素敵な言葉。
確かに私が訪れたときは楽園でした。
ただ、実際はどうなのか・・・
本当の楽園になって欲しいです。
  • 2012-10-22
  • 投稿者 : kimi
  • URL
  • 編集

[C8319]

西宮のかずひと
よかったねー。
  • 2012-10-22
  • 投稿者 : kimi
  • URL
  • 編集

[C8320]

kawakero
あらら、インパクトのある衝撃受けて大丈夫だった?笑
そうですよー、全身に塗ります。うひひ

というよりも、死海の湯に入りたい!
なにそれ!!
  • 2012-10-22
  • 投稿者 : kimi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kikimmy.blog94.fc2.com/tb.php/2185-071ad673
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

clock

kiki's walking

kiki's fish

kiki's plant

ブログ内検索

Extra

プロフィール

こばきみ

Author:こばきみ
NYからTokyoに帰ってきたと思ったらLondonでの生活がスタート!
コバキミがポテンヒットを打った先はLondon.
nice to meet London♪
東京、ロンドン、NYの三大都市を見比べちゃうぞ。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。